賃貸物件を探す時にチェックしたい項目があります。大家さんと直接話すのが苦手な人は会社が管理している物件がお勧め

古い1DKの賃貸物件を蘇らせるには
検索フォーム
人気の記事
古い1DKの賃貸物件を蘇らせるには

賃貸物件を借りる際にチェックしたい項目

賃貸物件には色々な管理形態があります。昔ながらの大家さんが直接管理している物件と管理会社が管理を任されている物件があります。どのように見分けたら良いのでしょうか。分かりやすいのは、物件の階段や壁などに管理会社の名前が掲示してあるものです。また、マンションの掲示板などの紙に管理会社の名前が書いてあるものもあります。一番はっきりするのは、やはり不動産会社の人に聞いてみるのが一番良い方法です。

入居すると、更新や退去など不動産会社とのやり取りが主なものもありますが、設備の不具合など連絡しなくてはならない時もあります。その際に大家さんが直接管理している物件ですと大家さんにお電話したり直接会ったりする必要もあり気兼ねをすることもあります。深夜に何かあっても話ずらいということもあります。管理会社が管理している物件であれば気兼ねなく連絡することもできますし、窓口が24時間対応であればなお安心です。

大家さんが管理している物件ですと、庭の植栽の手入れや共用部分の清掃などを大家さんが自らやっていることもあり、大家さんがいい人であっても気を遣ってしまうという声も良く聞きます。このように気を遣ってしまう人でしたら管理は会社がやっている物件を選ぶということも良いでしょう。

お勧めのサイト