賃貸物件の交渉をするには、不動産屋から貸主に話を進めてもらう方法と、大家に直接に交渉するやり方があります。

古い1DKの賃貸物件を蘇らせるには
検索フォーム
人気の記事
古い1DKの賃貸物件を蘇らせるには

賃貸物件の値下げ交渉の方法

賃貸物件を探すにあたり、まず一番に注目するのは家賃ではないでしょうか。家賃は交渉によっては、安くなる可能性が全くないとは言い切れません。日当たりが悪いとか、駅から遠い、ペットが飼えないなどの理由で、あまり人気のない物件は、交渉してみると値引きされるケースも少なくありませんので、こちらの具体的な希望金額を伝えてみるのも方法です。また不動産屋の繁忙期は1〜3月であるとされています。新年度を迎えますと、ある程度は暇になるということですから、5〜6月に空いている物件も交渉の余地が残されています。

賃貸物件を借りるのに必要なのは家賃だけではなく、敷金や礼金も支払わなければなりません。最初はまとまった出費になりますので、少しでも節約したいものです。敷金は修繕負担の義務がないとされる、通常損耗の場合には、部屋を出る時に戻ってくるお金ですし、仲介手数料は不動産屋の取り分ですので、大家に交渉する場合は、家賃と礼金ということになります。大家も部屋が空いたままより良しとして、交渉に応じてくれる場合も多いです。

賃貸物件の家賃や設備などの条件について交渉する時は、どんな態度がいいでしょうか。たまに非常に高圧的な態度で臨む人もいますが、何もトラブルが発生していないのに、強い態度を出すのでは悪い印象を与えてしまいます。自分の主張ばかりせず、お互いの妥協点を探りながら、不動産屋と大家を味方につけるのが最良のやり方です。

お勧めのサイト