賃貸物件では光熱費を節約する裏ワザがいくつかあります。一人暮らしでお給料も上がらない中少しでも節約したいですね

古い1DKの賃貸物件を蘇らせるには
検索フォーム
人気の記事
古い1DKの賃貸物件を蘇らせるには

一人暮らし賃貸物件で光熱費を節約する裏ワザについて

賃貸での一人暮らしは家賃も高いし色々な諸経費もかかるのでなるべく光熱費は節約したいものですね。色々な裏ワザのようなものもあるので取り入れてみてはいかがでしょうか。まず電気ですが、これは契約するアンペアを工夫することがおすすめです。一人暮らしのアンペアは30アンペア程度が標準だと言われていますが20アンペアにするだけで基本料金が安くなります。電力会社に来てもらいアンペアを低くすることは無料でしてもらえますので一度試してみてはいかがでしょうか。退去する際にはまた元に戻すことができますので安心です。

アンペアを低くすると電気を注意して使うようになります。例えば電子レンジをかけながらドライヤーを作動するとブレーカーが落ちてしまうこともあるので別々に使用するなど注意しましょう。気を付けて使用することによって全体の電力使用量も減るので電気代金も安くなります。消費電力もけっこうかかるので使用していない主電源は切るとかコンセントを抜いておくなど工夫しましょう。電気代については電力会社により深夜電力を使うなどお得なプランも用意されているので一度調べてみると良いです。

他に、エアコンの設定温度を上げると電気代が格段に違うと言われています。テレビの画面の明るさも調整できますのでやってみましょう。またエアコンよりホットカーペットの方が足元が温まり良いと言われています。カーペットの下がフローリングだと冷めやすいのでホットカーペットの下に敷物を敷くと良いです。ガスコンロは強火ではなく中火でも充分ですからいつも中火にしてお料理しましょう。シャワーの使用が多い人は市販の節水シャワーヘッドに交換すると手元で水を調整できるのでおすすめです。こちらも退去の際には元に戻しましょう。

お勧めのサイト